小 大


各セクションメニューへ

研修情報

第二回反復違法行為対応研修会 > 研修会プログラム > 第1講義

進化と条件反射と行動原理

                            下総精神医療センター
                           薬物依存治療部長 平井愼二

1.動物もヒトももつ第一信号系
 約38億年前に生物が誕生し、自己保存と遺伝が始まった。生物に特有のこれらの現象は防御、栄養摂取(摂食)、生殖により成立する。環境とのやりとりの中でそれらの活動を反復し、進化し、動物が生まれた。
 動物の行動は神経活動による。神経活動は、環境からの刺激を感覚器で受け、信号に変え、中枢に伝え、中枢の作用を生じさせ、中枢からの信号を効果器に送り、そこから反応が生じる現象を構成する。そのように全ての神経活動は入力としての刺激と出力としての反応で特徴づけられる現象を構成するものであり、また、その現象は反射と呼ばれる。つまり、全ての神経活動は反射を構成するものであり、その反射の連鎖的な作動で行動が生じる。
 動物がある行動により、防御、摂食、生殖のいずれかに成功したとき、再度、同じ行動を反復する傾向をもてば生き残り,存続しやすい。自然淘汰により、その傾向は強まり、脳内に生じる効果とそれに応じて生じる現象になった。つまり、現生の動物においては、防御、摂食、生殖に成功したときに生理的報酬と呼ぶべき効果が生じる。その効果は、それが生じる前の神経活動を定着させるものであり、後に、同じ刺激を受けたとき、反射により、生理的報酬が生じる前の神経活動が反応として再現する現象がある。
 また、動物は新たな環境に生息域を広げ、そこでは過去に受けた刺激と新たな刺激が初めての時間間隔と順序で生じる。動物はそれらに対して、まずはすでにもつ反射が新たな順序で作動して、行動が生じる。その行動により防御、摂食、生殖のいずれかに成功すると生理的報酬を獲得し、新たな反射の連続が、再現しやすい形で動物の脳に定着する方向に働く。その行動の反復により、新たな環境から刺激を受けた際に、その環境の中での重要な反応が、当初と比較してより早く生じるなどして、環境により適応した反射連鎖に変化する。従って、連鎖を構成する一部の単独の反射自体も変化しているのであり、新たな反射が成立しているのである。
 そのように新たな環境において生理的報酬を獲得する行動は、適応行動であり、反復し、反射連鎖は強化される。逆に、その行動が終末に生理的報酬を獲得しなければ、その新たな環境に対する不適応行動であり、その反射連鎖は定着せず、あるいは、抑制され、消えていく。
 さらに、獲得して定着した反射は次世代にわずかずつ遺伝する。つまり、ある動物種が新たな環境に入り、その動物種と環境の関係が多くの世代を超えて長期に変化しないとき、早い世代では生後に獲得していた適応行動は、遠く離れた後の世代では生まれ持った遺伝子から発現する本能行動になる。言い換えれば、本能行動は前世代までの適応行動の累積である。
 ここまで示したように動物は行動を環境に適応させながらそれに対応して形状も変化し、進化が生じる。その進化の過程で行動の中枢となり、進化の現象を支えている神経系をパヴロフは第一信号系と名付けた。この系は、本来は過去に防御、摂食、生殖に成功した行動を構成した反射を作動させるものであり、ヒトを除く動物はこの第一信号系のみをもち、まとまった行動をする。

2.ヒトのみがもつ第二信号系
 数百万年前までに、一部の動物が徐々に立ち上がり、二足で歩行するようになり、手を使った作業を目前で視認しながら行い、失敗を重ね、成功に至ることを反復した。その失敗の反復と終末の成功の現象を把握し、制御する中枢としての神経系が生じ、発達した。その中枢をパヴロフは第二信号系と名付けた。
 つまり、ヒトは他の動物と同様に第一信号系をもち、さらに、ヒトのみがもつ第二信号系をもち、従って、二つの中枢をもつ。それらの中枢は、メカニズムが次のように大きく異なり、対照的であり、各系が相当な程度に独立して機能する。
 第一信号系は、刺激を受ければ対応する反応を生じ、自律神経、気分、動作の全てを直接的に司り、過去に生理的報酬を獲得した定型的な行動を無意識的に再現する。
 一方、第二信号系は、言葉を刺激として、現状を評価し、将来を計画し、結果を予測し、実行を決断し、直接的な反応として動作を司り、第二信号系による思考と動作は第一信号系を刺激して反応を生じさせながら、行動を牽引する。

3.健常なヒトの行動
 ヒトの社会にはアルコールやニコチン、覚醒剤等があり、それらの摂取を反復する現象がある。また、第二信号系の機能の1つである評価によりなんらかの行動により目標を達成したと把握し、それを反復すれば、その行動に習熟し、精度が高まる。従って、ヒトが生理的報酬を獲得するのは、ヒトも動物であることから、防御、摂食、生殖の成功に加え、生理的報酬を作用としてもつ物質の摂取、ならびに第二信号系による目標達成の把握にもよる。つまり、ヒトの第一信号系の反射連鎖には防御、摂食、生殖等が終末にある行動、並びに生理的報酬を生じる薬理効果をもつ物質の摂取が終末にある行動、反復された目標を達成した行動を司るものがある。
 それらの反射連鎖を健常なヒトももつので、ときに本能行動や物質を取る行動が過度に生じること、あるいは反復した日常業務の動作を不注意に確認せず行い、失敗が生じること等がある。なぜならば、礼節が保たれ、目標をもち、計画的に行動しているヒトも進化の現象の一部として生まれ、進化を支えているからである。つまり、第二信号系による計画の外で、第一信号系は環境からの刺激に応じて反射を作動させ、設定を更新する現象が無意識的に生じており、その現象から逃れられない。従って、第一信号系による軽微な過作動(過剰な作動)は生じるものなのである。しかし、多くの場合、第二信号系が第一信号系を状況に応じて制御し、社会的に大きな逸脱をせず、行動している。

4.反復する逸脱した行動
 ところが、社会的に逸脱した行動を反復して行い、本人もそれをやめたいと思い、やめる決意をもっているのに、その行動が生じる現象がある。これは第一信号系の特定の反射連鎖が強化され、強く作動することに基づく。また、第一信号系に抵抗して、第二信号系が動作を司ろうとする強さにもより、その抵抗の程度は、主体の種々の要素が関係する。しかし、少なくないケースで、第二信号系よりも第一信号系の特定の反射連鎖がはるかに強くなり、逸脱行動が生じる状態にまで強化される。
 なぜならば、第一信号系は38億年前の生物発生に起源をもち、10億年とも言われる動物の歴史を通じて、遠くは天体から近くは体内からの刺激に反応して、動物種全体の進化を支えてきた系であるからである。一方、第二信号系は数百万年前にヒトがもつようになり、自分を中心として、考えが及ぶ関係者、関係事象の未来における状態を良好にするために機能する系である。従って、第一信号系による特定の行動が頻回に生じ、強く作動するように成長しているときは、それぞれの系の重要性を比較すると、第一信号系が第二信号系に優ることは自然である。
 そのようにして生じる逸脱行動の代表的なものとしては薬物乱用がある。他には、反応性抑うつ、PTSD、パニック、リストカット、放火、病的窃盗、病的賭博、摂食障害、盗撮、下着泥棒、露出症、痴漢行為、ストーカー行為、過度の喫煙、過度の飲酒、ヒューマンエラー等がある。





もどる

ページのトップへ戻る