下総精神医療センター

Loading

院長挨拶

院長写真 下総精神医療センターのホームページにアクセスしていただいてありがとうございます。
 院長の女屋光基(おなや みつもと)と申します。どうぞよろしくお願いいたします。
 さて、当院は昭和16年(1941年)、軍事保護院、傷痍軍人下総療養所として創設され、先の大戦での頭部戦傷軍人を収容したことが始まりです、戦後他の国立病院と同様に当時の厚生省に移管され、国立下総療養所となり、国立病院の独立行政法人化に伴い、平成16年から国立病院機構下総精神医療センターとして発足し、今日に至っております。
 当院は、我が国の精神科病床の削減の流れの中で、ベッド数をかなり削減しましたが、それでもなお、県内では有数の規模の精神科単科の専門病院です。
主な疾患としては、
@統合失調症や躁うつ病などの精神疾患の方のみならず、
A現在のストレスに満ちた社会構造に関連した、不眠、引きこもり、自律神経失調などの心身の不調を感じている人や、
B物忘れなどの認知症性疾患の患者様の、生活の場も考えたうえでの治療や
C昨年問題になった危険ドラッグを含めた、薬物依存やギャンブル依存の人への治療、
D脳卒中や頭部外傷後遺症などの高次脳機能障害の方。
などを治療しております。
 平成19年からは、医療観察法による指定病棟も、県内唯一の病棟として開設されており、司法精神医学の実践の場ともなっております。
 精神科の治療も他科と同様に、医師・看護師のみならず、作業療法士・臨床心理士なども含めた、チーム医療で行っております。また、生活環境の調整が精神科は重要な位置を占めており、この点でも、当院には精神科ソーシャルワーカーが常に皆さんのご相談に乗っております。退院後のケアとして、大規模デイケア・訪問看護の体制も整っており、社会にスムーズに戻れるよう、万全の態勢を敷いております。
 当院は、千葉県の県庁所在地である千葉市にありながら、東京ドーム4個分と言われる、約19万平方メートルという広大な敷地をもち、四季折々の季節の移ろいを感じさせてくれる、豊かな自然を持っております。ストレスの高い社会の喧騒より逃れて療養する環境としては、当院は理想的であると思います。新病棟も間もなく建設されるよていもあります。
 どうぞ、精神的な問題でお困りな時は、当院にいらしていただければと思います。

                                   下総精神医療センター 院長
                                   女屋 光基






Copyright(c)2010 National Hospital Organization Shimofusa Psychiatric Medical Center. All Right Reserved.
Sorry. All of our site are Japanese